ポータブル電源は防災上、役に立つのでしょうか?

ポータブル電源は防災上、役に立つのでしょうか?

東日本大震災時、各ライフラインが復旧するまでにかかった日数は、電気は6日、水道は24日、都市ガスは34日です。    



内閣府が発表している首都直下型地震発生を想定した場合のライフラインの復旧目標日数は、電気6日、水道30日、都市ガス55日と言われています。

今回、なぜ節電の呼びかけがされたのでしょうか?



主に次の3つの理由があります。


1.今月16日の地震の影響で、東京電力と東北電力に電力を供給しているいくつかの発電所が閉鎖され、電力供給能力
が低下しています。福島の広野火力発電所の6号機県は約1ヶ月かかると予想されます。回復には時間がかかります。
2.3月の気温は、日本のほとんどの地域で低いので暖房の使用割合が高く、多くの電力を必要とします。
3.天候の影響を受けやすい太陽光発電は悪天候により、あまり役に立ちませんでした。


       

幸いなことに、ニュースが広まった後、多くのアトラクションや企業が節電の呼びかけに応えました。 たとえば、東京スカイツリーは常夜灯を消し、静岡県の富士市政府は政府の建物のすべての暖房を停止しました。


       

では、電気を節約するために各家庭で何ができるでしょうか。


天然資源エネルギー局は、そのウェブサイトで、電力を節約するための以下の方法を説明しており、電力節約への協力の呼びかけをしています。

詳細を見るhttps://www.enecho.meti.go.jp/category/saving_and_new/saving/


【冷暖房】

▽エアコン(暖房)の設定温度を20度まで下げてください。



【家電など】

▽冷蔵庫に入れる前に、熱いものはそのまま入れず、冷ましてから冷蔵庫に入れてください。

▽洗濯物を自然乾燥させるか、一度に乾燥機に入れて回数を減らします。



【自宅・オフィス】

▽トイレは便座を温めておき、洗浄水の温度を下げます。

▽部屋、廊下、通路の点灯させる照明の数を必要最低限に減らします。




事前に停電を防ぐために何ができるでしょうか?


1.突然の停電に備えて、自宅で懐中電灯を用意します。


2.停電しても通信機器に電力を供給し続けるために、ポータブル電源を準備します。



ポータブル電源とは何ですか?


ポータブル電源の主成分は二次電池です。 このバッテリーは電荷を蓄積し、その出力を介してDCまたはAC形式で放出します。 出力には、AC、USB、またはシガレットライタープラグを含めることができます。


                   



ポータブル電源とモバイル電源の違いは何ですか?                


モバイル電源は頻繁に使用され、多くの人が携帯しています。主に携帯電話などの低電力家電の充電に使用されます。通常、USBソケットしかありません。ポータブル電源は、容量とソケットがはるかに多くなります。 ポータブル電源は、通常、壁や車のコンセントに差し込むものに使用できます。 これらはしばらくの間、高出力の電化製品に電力を供給するのに十分なエネルギーを持っており、より多くの電力を作ることができます。



ポータブル電源は災害時に必要か?


災害時や停電時には大容量のポータブル電源が非常に必要です。230Whの大容量で小型冷蔵庫やテレビに電力を供給できます。特に比較的寒い環境では、電気毛布や熱風送風機に短時間で電力を供給できます。懐中電灯、スマートフォン、ラップトップ、プロジェクター、カメラなどの他の機器も充電をサポートしています。


ポータブル電源は、アウトドアキャンプに欠かせないアイテムの一つです。 キャンプでは、屋外で過ごす時間が長いので、携帯電話、照明、冷蔵庫、ステレオなど、あらゆるところに電気が必要です。 そんな時に役立つのが、ポータブル電源です。




ポータブル電源はどんな用途で使用できる?


Ostationには、ACコンセントが1つ、Type-C PDポートが1つ、USB-Aポートが3つ、側面にDCカーシガレットライターソケットが1つあります。



ACコンセント:小型家電に使用できます。 (テレビ、ラップトップ、ミニ冷蔵庫、ポータブル調理器具、ファン、電気毛布、動力工具など)


Type-C PDポート:主な互換性のあるデバイスは、ラップトップ(Apple MacBookなど)とスマートフォン(Huawei P9およびその他のAndroidデバイス)です。


USB-Aポート:互換性のあるスマートフォンやタブレットを高速で充電できます。


ポータブル電源 シガーソケットは何に使う?


DCカーシガレットライターソケット:カーケトル、カー掃除機、カーファンなどに使用できます。



               

ポータブル電源の連続使用時間は?


ポータブル電源の持続時間は、電源と充電デバイスの合計容量によって異なります。デバイスに必要なワット数が多いほど、バッテリーの持続時間は短くなります。 230Whのポータブル電源を使用する場合、インバーターの定格は230Whです。 その後、この発電所は約10時間23Whランプを実行できます。 デバイスの使用時間を大まかに計算できます。



               


ポータブル電源を長持ちさせる使い方と保管方法


  1. 1.動作温度範囲は0°–45°C(32°–113°F)ですが、ストレージデバイスの安全な周囲温度は-10°–45°C(14°–113°F)です。乾燥した換気の良い場所にあることも重要です。

  2.  2.バッテリーを良好な充電状態に保つために、長期間放置せず、数か月ごとに使用してください。

  3. 3.落下させたり、叩いたり、ぶつけたりしないでください。 物理的な衝撃は、PCBAコンポーネントおよびバッテリーに損傷を与える可能性があります。

  4. 4.ポータブル電源を使用してデバイスを充電していない場合は、データケーブルをUSBソケットから抜くことをお勧めします。





Olight Warriorシリーズについて、皆さんはどの程度ご存じですか?
清明節休業についてのお知らせ

レビュー

0/500

おすすめ