夜にサイクリングしますか?

サイクリングの利点

 サイクリングは全身を使った有酸素運動で、脳や心臓などの人間の臓器の機能を効果的に発揮することができ、他のスポーツと比較しても効果的な運動です。そのため、サイクリング愛好家の中には、サイクリングで旅行する人もいます。同じ時間に、自転車で移動できる距離は、ウォーキングの5倍、ジョギングの2〜3倍です。人間の筋肉は主に脚に集中しており、サイクリングはその発達した足の筋肉を使用するので理にかなった運動です。その他にも自転車に乗ると、手、手首、背中の筋肉も使います。 こちらもカロリーを消費する全身運動です。練習では、10分(中速)の乗車ごとに約35キロカロリーを消費でき、30分乗車すると約100キロカロリーを消費できることが示されています。たとえば、世界で最も有名なサイクリングイベントであるツールドフランスでは、平均的なアスリートは1日あたり5000〜8000kcal(kcal)を消費します。

本日は、そんな健康にも効果的なサイクリングの中でも夜間に行う、ナイトライディングの注意点をご紹介します。

夜に自転車に乗る理由は何ですか?

 1つの理由は通勤です。 日本の鉄道などの公共交通機関が非常に発達してあり、電車は原則定刻ぴったりに到着します。日本人のほとんどは電車で通勤しています。 駐輪場は駅付近のいたるところにあるので、駅から自宅まで自転車を使用すると通勤が便利になるので、仕事の後の夜間サイクリングの人も大幅に増加します。

    2番目の理由はプロのサイクリストです。 プロのサイクリストは様々な険しい道などに挑戦します。ほとんどのナイトライディングのルートは市内ではなく、郊外です。 夜間は見通しが悪く、道路状況がわかりづらいので、非常に危険です。 したがって、経験豊富なライダーでない限り、郊外のナイトライディングを試してみることはお勧めしません。

夜のライディングで最も重要なことは何ですか?

 最も重要なのはライトの明るさです。夜間のサイクリングでの危険性は暗くて視野が確保しづらいことによる事故だけではなく、自動車との事故です。 そのため、夜間のライディングアクティビティでは、目の前の道路を照らすことはもちろんですが、ライダーが自動車などに視認してもらうことが非常に重要です。 なので、自転車のライトは不可欠であり、ヘッドライトを持参するとさらに安全性が高まります。

どのような自転車用ライトがおススメなのか?

1.防水機能:夜間の突然の大雨などに対応するため、防水機能が必須です。

2.耐震性能:道路の凹凸などでの揺れで緩んだり外れたりしないため、自転車ライトには高い耐震性能が求められます。

3.拡散光:周囲を広く照射するために、広い領域を照らす拡散光のライトは役に立ちます。

4.カットオフライン:明るさはそのままに、対向車にまぶしく感じさせません。

応用シーンによって必要なライトの明るさは違います。

 都市部、街灯の多い住宅地…200ルーメン

 街灯の少ない住宅街... 400ルーメン

 街灯のない山道... 1000ルーメン以上

 ロードライディングには400〜800ルーメンを選択するだけで十分であり、ライトコンディションに応じてマウンテンライディングには1000〜2000ルーメンがより適切です。競技の場合は、高輝度の自転車用ライトをお勧めします。

 夜のサイクリングには多くの利点があり、運動しながら夜の静けさを楽しむことができますが、一番重要なことはまず第一に安全を確保することです。

 

OLIGHTの自転車ライト一覧>>>こちら

OLIGHTのヘッドライト一覧>>>こちら