よくある質問
メッセージ

自転車 テールライト

自転車 テールライトのおすすめ

自転車 テールライトのおすすめ

一、自転車のテールライトの反射原理

自転車の反射板は「再帰性反射」の性質を持っています。 この「再帰性反射」というのは、光源から発した光が対象物にあたり、その後光が再び光源に向かって戻って行く反射のことを言います。「再帰性反射」に従って、平行光が自転車のテールライト内のコーナーリフレクターに入射すると、平行に反射されます。ほとんどの自転車のテールライトは赤いプラスチックのカバーで、裏側は平らで、内壁には直角三角形が突き出ていますので光を反射する特性が良いとされています。

自転車にテールライト装置が取り付けられた後、車のライトがどの角度にあるか、またはどのミラーに向けられているかに関係なく、その光は自転車のテールライトによって反対方向に反射されます。そのため、夜間には、自転車のテールライトに反射した信号から、運転者が前の自転車の状況を把握し、安全を確保することができます。

二、自転車用テールライトの選び方

視認性の高いもの

色は必ず赤色を選びましょう。テールライトに白いライトを付けると後続車から見ると、ロードバイクがどちらに進んでいるのか、わかりづらくなります。明るさは、最低後方100mの距離からしっかり確認できるものである必要があるため、LED搭載や高輝度など見やすいライトを選びましょう。

テールライトのパワーソース

テールライトの電源の種類について、主に電池タイプ・充電タイプ・ソーラータイプの3種類があります。

①電池タイプは一度電池を交換すれば、長く使えるので長時間走行する際にはお勧めします。

②充電タイプは電池などのように他に購入する必要がないため、環境に優しくてランニングコストを抑えることができます。ただし長時間走行する際には、複数のテールライトを用意する必要があります。

③ソーラータイプは基本的に電池や充電は不要で、ランニングコストも抑えることができます。

ただし、ソーラーは永久的に使えるものではなく、不安定なデメリットもあります。

防水機能をチェック

防水機能が備わっているタイプは、途中で雨が降ってきてしまっても安心して使用できるのでおすすめです。

特に普段自転車を外に置いている方も雨を気にする必要がないので、防水機能の有無はチェックしておきたい項目です。

取り付け位置

テールライトの基本的な取りつけ位置は、シートポス卜と右側のシートステーにあります。ライトによってシートステーに装着できないものもある。またサドルバッグを装着する場合もあります。

三、Olightテールライトご紹介

RN120 自転車 テールライト

最大出力は120ルーメンで、1500メートル先まで照明します。テールライトは光源が明るいですが眩しくないため、歩行者などに迷惑をかける心配がありません。照射角230度の光が1500メートル先まで到達します。ブレーキによる制動時に、自動的に最大光量の120ルーメンで3秒間点灯されます。ブレーキをかける頻度が高いほど、電力量の減りが速くなり、最長ランタイムは20時間までに電池がなくなってしまう可能性があります。

RN180 自転車 テールライト

RN 180TLはライディング、ロードサイクリング、日常通勤用のUSB充電式自転車テールライトです。半透明シェルのデザインを採用し、最大出力は180ルーメンに達します。260°の照射角度で夜間走行時に周囲に存在を伝えやすく、安全性を高めています。常時点灯、点滅、スマート3つの点灯設定があり、様々なサイクリングニーズに満たすことができて昼夜を問わず走行時の心強いパートナーになります。

SEEMEE30 自転車 リア ライト

SEEMEE 30 TLは、最大出力30ルーメンのUSB充電式テールライトです。 透明なボディがユニークで、外観も魅力の1つです。昼夜を問わず使用できるように設計されています。また、透明度の高い光学レンズを組み合わせた高性能COBを搭載しており、柔らかく均一なビームを生成し、快適な使用体験と高い視認性を実現します。複数の持ち運びオプションにより、テールライトがどこにでも持ち運べるので便利です。

スペック比較

最後までこの記事をご覧頂きまして、誠にありがとうございました。明るいリアライトを忘れずに点灯させて、安全に楽しみましょう!

製品詳細>>>RN120RN180SEEMEE30


Jul 16, 2021, 00:00:00
573
1
0
夜にサイクリングしますか?

夜にサイクリングしますか?

サイクリングの利点

 サイクリングは全身を使った有酸素運動で、脳や心臓などの人間の臓器の機能を効果的に発揮することができ、他のスポーツと比較しても効果的な運動です。そのため、サイクリング愛好家の中には、サイクリングで旅行する人もいます。同じ時間に、自転車で移動できる距離は、ウォーキングの5倍、ジョギングの2〜3倍です。人間の筋肉は主に脚に集中しており、サイクリングはその発達した足の筋肉を使用するので理にかなった運動です。その他にも自転車に乗ると、手、手首、背中の筋肉も使います。 こちらもカロリーを消費する全身運動です。練習では、10分(中速)の乗車ごとに約35キロカロリーを消費でき、30分乗車すると約100キロカロリーを消費できることが示されています。たとえば、世界で最も有名なサイクリングイベントであるツールドフランスでは、平均的なアスリートは1日あたり5000〜8000kcal(kcal)を消費します。

本日は、そんな健康にも効果的なサイクリングの中でも夜間に行う、ナイトライディングの注意点をご紹介します。

夜に自転車に乗る理由は何ですか?

 1つの理由は通勤です。 日本の鉄道などの公共交通機関が非常に発達してあり、電車は原則定刻ぴったりに到着します。日本人のほとんどは電車で通勤しています。 駐輪場は駅付近のいたるところにあるので、駅から自宅まで自転車を使用すると通勤が便利になるので、仕事の後の夜間サイクリングの人も大幅に増加します。

    2番目の理由はプロのサイクリストです。 プロのサイクリストは様々な険しい道などに挑戦します。ほとんどのナイトライディングのルートは市内ではなく、郊外です。 夜間は見通しが悪く、道路状況がわかりづらいので、非常に危険です。 したがって、経験豊富なライダーでない限り、郊外のナイトライディングを試してみることはお勧めしません。

夜のライディングで最も重要なことは何ですか?

 最も重要なのはライトの明るさです。夜間のサイクリングでの危険性は暗くて視野が確保しづらいことによる事故だけではなく、自動車との事故です。 そのため、夜間のライディングアクティビティでは、目の前の道路を照らすことはもちろんですが、ライダーが自動車などに視認してもらうことが非常に重要です。 なので、自転車のライトは不可欠であり、ヘッドライトを持参するとさらに安全性が高まります。

どのような自転車用ライトがおススメなのか?

1.防水機能:夜間の突然の大雨などに対応するため、防水機能が必須です。

2.耐震性能:道路の凹凸などでの揺れで緩んだり外れたりしないため、自転車ライトには高い耐震性能が求められます。

3.拡散光:周囲を広く照射するために、広い領域を照らす拡散光のライトは役に立ちます。

4.カットオフライン:明るさはそのままに、対向車にまぶしく感じさせません。

応用シーンによって必要なライトの明るさは違います。

 都市部、街灯の多い住宅地…200ルーメン

 街灯の少ない住宅街... 400ルーメン

 街灯のない山道... 1000ルーメン以上

 ロードライディングには400〜800ルーメンを選択するだけで十分であり、ライトコンディションに応じてマウンテンライディングには1000〜2000ルーメンがより適切です。競技の場合は、高輝度の自転車用ライトをお勧めします。

 夜のサイクリングには多くの利点があり、運動しながら夜の静けさを楽しむことができますが、一番重要なことはまず第一に安全を確保することです。

 

OLIGHTの自転車ライト一覧>>>こちら

OLIGHTのヘッドライト一覧>>>こちら

 


Jul 06, 2021, 00:00:00
111
1
0

FAQ

オンラインカスタマーサービス

トップに戻る