LED 懐中電灯:スポットライト、フラッドライト

LED 懐中電灯:スポットライト、フラッドライト

Jun 22, 2022, 18:00:00
358

屋外用懐中電灯を専門に使っている人ならフラッドライトとスポットライトの違いをお分かりいただけると思います。 懐中電灯を選ぶ際、フラッドライトとスポットライトでは適応シーンが異なるため、ルーメンのレベルだけでなく、ビームの違いも気にする人は多いのではないでしょうか。 では、フラッドライトとスポットライトはどう違うのでしょうか。





スポットライト

スポットライトはより長く、より細い光線を放ちます。 数百メートルから数千メートルの距離まで届くこともあります。 スポットライトは集光性が求められるため、ヘッドが長く、ビーズがガラスバッフルから遠く、リフレクターが深く滑らかに造られています。 例えば、Javelot Turboは65mmの大型リフレクターを搭載し、最大照射距離は1300mに達します。

 

メリット:明るい中心光、集中光、良好な遠距離効果、長距離露光に適しています。

デメリット:近距離での投光量が少ない、光が均一に広がらない、照射範囲が狭い、近距離で使用すると中心部のスポットの集中部分が非常に眩しく危険である。

用途:光速のアウトドアスポーツ、ハンティング、高速ナイトライド、特殊な屋外作業などの長距離照射。

 




フラッドライト

フラッドライトはスポットライトとは逆に、短く広い光を放ちます。 このタイプのライトの目的は、何千メートルも先を照らすことではなく、自分の周囲を照らすことです。ライトのヘッドが短くなっていることに気づくでしょう。リフレクターはより短く、光を広げるためのテクスチャーを備えています。 リフレクターが短く、質感が高いため、ライトはかなり広いビームを保持します。例えば、Baton 3などでは、通常200m以下のスロービームで照射しますが、より高いルーメンを備えています

 

メリット:スポットが強い、投光領域の均一な配光、大きな視野角、広い照射範囲、中長距離に適している、照らされた物体を明確に見ることができる、眩しくない。

デメリット:照射距離が短い、光が多少散乱する。

用途:アウトドアスポーツ、キャンプ、ハイキング、ナイトライド、釣り、登山、日常使い、捜索救助など、ソフトで広い範囲の照明が必要な活動。

 

より優れた投光効果が必要な場合は、COBライトやフィールドライトもお勧めします




2種類の光を併せ持つライト

私たちが通常使っているライトは、スポットライトとフラッドライトの中間のような、両方の長所を兼ね備えています。 照射距離の長さと、目の前の広い範囲の照射を両立しています。 例えば、Warrior 3SMarauder 2などです。

 

日常的な使用では、スポットライトを必要としません。しかし、狩猟などのアクティビティではより長い距離を照らすライトが必要となるなど、ユーザーによって好みは分かれますが、この2つのライトにはそれぞれの良さがあります。



高品質の懐中電灯、日常の持ち運びに使用できる小型の懐中電灯、捜索救助用のプロ仕様の高ルーメン懐中電灯を扱っています。


サバイバルゲーム、セルフディフェンス、狩猟、野外活動などで活躍します。製品には、BALDR Mini 、Baldr RL、 Baldr RL Mini、 BALDR PRO、BALDR Pro R、Baldr IR、BALDR Sが含まれています。

OLIGHT FBグループ限定発売
【新製品ニュース】6月の新製品紹介

レビュー

0/500

現在、コメントは投稿されていません。

おすすめ

オンラインカスタマーサービス

トップに戻る