This website requires JavaScript.
色温度とは? LEDライトの色温度

色温度とは? LEDライトの色温度


色温度とは何ですか?


色温度は、物理学や天文学で一般的に使用される「K」(ケルビン)で測定される温度の尺度です。この概念は、さまざまな温度に加熱されると多様な色に光を発する架空の黒い物体に基づいています。オブジェクトはさまざまな色で表示されます。鉄の塊を加熱するときと同じように、最初に赤、次に黄色、最後に白に変わります。



一般的な色温度



■ 通常の状況では、正午から午後2時まで、澄み渡る空で、直射日光がない場合、標準的な日光は約5200〜5500Kです。
■ 夏の太陽光色温度は約6500Kです。
■ 日中の色温度が約6000Kの曇り空。
■ ニュース撮影用ライトの色温度は3200Kです。
■ 一般的なタングステンフィラメントランプ、写真スタジオで白黒写真を撮るために使用されるタングステンフィラメントランプ、および通常の電球の色温度は約2800Kです。色温度が低いため、この場合に撮影した写真は、拡大して印刷すると、黄色がかった色味になります。
■ キャンドルの色温度は約1800Kです。




上の写真は、色温度の異なる2700k、3000k、3500k、4000k、5000kの照明天井ランプの照明効果です。




LEDライトの色温度


色温度

単位 (ケルビン)

色味

電球色

3000K

暖色系 (黄色やオレンジ色)

温白色

3500K

白系

白色

4200K

昼白色

5000K

昼光色

6500K

寒色系 (青色)




OLIGHT製品の色温度一覧表

当社の製品は、2700~3700K4000~5000K5000~5700K5700K~6700Kの4つの色温度範囲に分けられます。






ランプの色温度の選び方


設置する環境に応じて選択してください。

■ 涼しい白色光の色温度は5500K〜7500Kであることが多く、色再現性は高いですが非常に眩しいため、展示ホール屋外などでの使用に適しています。

■ 2700K、3000Kまたは4000Kの暖かい白色光または正の白色光は、居間、ポーチ、書斎、およびその他の領域に適しています。

■ 寝室などでは、暖色系の白色光で十分です。明るすぎる光色は、睡眠意欲を低下させることがあります。

 

一方、光の色温度は、自宅内の色調を参考に選ぶこともできます。 例えば、壁が漆塗りであれば、4000K前後の光源は人にギラギラ感を与えず、かつ色そのものを最大限復元することができます。 基本的に無垢材の家具が多い家庭であれば、ブラックウォールナットやチェリー、ホワイトオークなどの素材を使った家具を、3000K前後の温かみのある白色光で照らすと、その質感や色味がよりよく映し出されます。

 

現在、色温度の計算方法は世界中で同じです。しかし、緯度や地形の関係で、同じ現地時間でも色温度は異なります。 例えば、低緯度地方では日常的に見られる平均的な色温度は11,000K程度なので、よりリアルに見える高い色温度が好まれ、高緯度地方では低い色温度が好まれるのです。

 

何世代にもわたる生活習慣により、アフリカ人は高い色温度(9000〜10000K)を、ヨーロッパ人は低い色温度(3000K前後)を、アジア人は5500〜6500Kを好みます。

 

💡懐中電灯は暖色系、白系、寒色系のどれがお好みでしょうか? コメントで教えてください。



【新製品ニュース】五月の新製品紹介
メーデー休業についてのお知らせ

レビュー

0/500

すべての評価を見る (4)

O****

私は色はワームホワイトが好きなのですが、それとは別に高演色の方が良いのですが、そちらの方はいかがでしょうか?

投稿する: May 24, 2022, 04:49:16

佳****

ニュートラルホワイトが好きです

投稿する: May 20, 2022, 21:26:27

甲****

見た目は暖色系、実用性では白色とかの方が良さそうですね。

投稿する: May 20, 2022, 19:44:07

甲****

見た目は暖色系、実用性では白色とかの方が良さそうですね。

投稿する: May 20, 2022, 19:44:04

おすすめ

オンラインカスタマーサービス

トップに戻る