This website requires JavaScript.
COBライトについて、なぜ持つべきなのか

COBライトについて、なぜ持つべきなのか

Nov 16, 2021, 22:00:00
514

 最近、Olightは新製品のSwivel作業灯を発表しました。 Olightでは作業灯は初の試みです。

このライトの魅力は、投光灯と懐中電灯の2つのモードがあり、投光モードにはコバルトランプ、トーチモードにはLEDランプが使用されているところです。 そこで本日はCOBライトを詳しくご紹介します。 COBライトとは何か、COBとLEDライトの違いは何か、COBの利点は何か、COBが活躍するシーンは何か、最後に回転式のライトの紹介をします。 それでは、両タイプのライトをひとつずつ見ていきましょう。


 COBライトについて


1.COBライトとは?

COBはchip-on-boardの略語です。 LEDチップを高反射率の鏡面金属基板に直接貼り付けることで実現した高効率の面光源技術です。これは主に、高出力LEDを製造する低出力チップの問題を解決するために使用されます。


2.COBライトと従来のLEDライトの違いは何ですか?

 従来のLED技術と比較すると、SMD LEDライトと呼ばれるものは、LED電球、ライトストリング、LEDライトストリップなどに使用されています。あなたの携帯電話の通知ランプもSMD LEDライトです。ご存知の通り、SMDランプは非常に明るく、1ワットあたりの出力は50〜100ルーメンです。 したがって、COB LEDは、1つの回路と2つの接点を持ち、色を変える効果を出すためには複数のチャンネルが必要です。そのため、COB LEDライトは効果的に1色の照明しか提供できません。しかし、より明るく、より少ない消費電力で、より質の高いビームを出力することができます。 以下は、COBライトとLEDライトの違いの写真です。


3.COBのメリットは何ですか?

COBライトは、照明面積を大幅に増やし、同時にグレアを避けることができます。つまり、部屋の中でより少ない電力で非常に明るい光を提供することができるのです。


  • コンパクトなサイズ

    各ダイオードの間隔が狭いため、ライトパネル全体のサイズが非常にコンパクトになっています。これにより、コンパクトサイズで高輝度なライトが製作することが可能となり、様々な場面での使用が可能になりました。


  • 高い効率性

    従来の照明と比較して、COB LEDチップは高いワット比を実現しています。従来のDIP LEDが1ワットあたり20〜50ルーメンしか出せないのに対し、COB LEDでは1ワットあたり100ルーメンにも達する大量のルーメンが得られます。


  • 優れた均一性

    明るさが均一なのも特徴です。被写体を照らすと、影の輪郭がくっきりと浮かび上がります。これにより、撮影時に必要な特殊な照明効果を作成するのに理想的であり、写真家や映画製作者から人気があります。


  • 強力で明るい光

    発光ダイオードを1つの基板に取り付けられているため、他のLEDチップに比べて密度が高く、光の強さが特徴です。

     

  • 熱を持ちずらく、過熱しづらい

    シンプルなデザインのため、従来のLEDよりもコンポーネントが少なくなっています。 したがって、コンポーネントによって生成される熱は比較的低いです。


4.COB LEDライトはどこで使う?

COB LEDの限りない可能性により、家庭用から産業用ユーティリティまでさまざまな用途で活躍します。その一部は次のとおりです。広角ビームにより、リビングルームやホールに設置されたLED照明器具に役立ちます。 スティックライトとは、 ハイベイライト、街路灯、ダウンライト。 大きなスタジアム、遊び場、庭園などでは、夜間に高いルーメンが求められます。



新しいワークライトスイベルのパフォーマンスはどうですか?


 スイベルはワークライトの新製品です。 懐中電灯とは異なり、この作業灯には2つの照明モードがあります。 1つは仕事中の投光器として使用するもので、3段階の明るさ調整ができ、最大で90時間の作業が可能です。もう1つは手持ちの懐中電灯として使用するもので、2段階の明るさ調整が可能です。詳細なパラメータは以下の通りです。


Swivelの優れた機能:

  • COBフラッドライト

    COBライトは、LEDライトに比べて照射範囲が広いのが特徴です。COBライトは、同じエネルギーでより大きなルーメン値を得ることができ、省エネで環境にも優しいです。


  • スタンディング/マグネット/ハンギング/ハンドヘルド使用

    内蔵されたヘビーグリップマグネットとクリップフックの機能により、バックパック、車、テントなど、どこにでもSwivelを固定することができ、特に作業中は持つ必要がありません。 もちろん、必要に応じてハンドヘルド懐中電灯として使用することもでき、日常の照明ツールとして懐中電灯を置き換えることができます。


  • 折りたたみ式でコンパクトなサイズ

    スイベルは、市販のワークライトよりも小さく、180度以上回転させることができるので、毎日の持ち運びに適しています。


結論

 COBライトと従来のLEDライトは、どちらも省エネで効率的な光源として現在市場に出回っています。 この記事があなたが必要とする光を選ぶためのいくつかの実用的な提案をあなたに提供できることを願っています。 Olightは、ワークライトの分野での研究開発にも引き続き投資し、Swivel以外にもますます優れた製品を提供していきます。


詳細リンクこちら:https://www.youtube.com/watch?v=1YQWgMeKiPY





[Olight]2021年11月新作&ブラックフライデーセール開催中
ObulbとObulb MCの比較、違いは何ですか?

レビュー

0/500

現在、コメントは投稿されていません。

オンラインカスタマーサービス

トップに戻る